日本語     English
 
 
  • 研究室の紹介
  • メンバー
  • 研究室の活動
  • 研究内容
  • 業     績
  • リンク
  • ナビゲーション リンクのスキップ
     
    テキサス大学 Kim Daniel H.教授による特別講義
       更新時間:2013-06-12 19:00
      2013年6月12日、本研究室は、テキサス大学脳神経外科研究科Kim Daniel H.教授を招き、特別講義をしていただきました。特別講義を行う前に、Kim教授との研究交流が行われました。本研究室の各グループの研究成果をKim教授に見ていただき、貴重な御意見をいただきました。
      題 目: 『現在の低侵襲ロボット支援手術』
      講演要旨: ロボット支援手術は日常的に泌尿器科、心臓や脳神経外科を含む外科の分野で行われている。従来の手術は発達した技術や、実績のある効果を持っており、外科医者は限られた器用さと可視化を持って、震えや疲労になりやすいである。ロボット手術システムは、改良された器用さと増やされた自由度と三次元の視覚化と減少させた放射線被曝を提供することによって、これらの制限を的にする。しかしながら、現在のロボット手術システムは、高価なかさばるであり、急な学習曲線を持っている。我々は低侵襲手術のためにリアルタイムのフィードバックと可視化を持つ新しい小型なロボットカテーテルを提案する。
    特別講義の様子
    特別講義の様子
    研究交流の様子
    記念写真
    記念写真
                                                                                    Copyright © 2017 KAGAWA UNIVERSITY. GUO-LAB All Rights Reserved.                                            Visitors: 50367